ユメウツツ@MimeiTagawa

赤い月の列車


荒野の真ん中に、唐突に鉄塔が立っている。
錆色の鉄塔は、まだ建てている途中で、
その足元には、大勢の人々。


何を作っているのですか。
駅です。
駅?
そう、「赤い月の列車」の駅。


五年に一度、赤い月の晩に、列車がくるという。
天空を走る列車が。
その列車の停まる駅が、ちょうどあの鉄塔の先。
その日のために、その列車に乗るために、
みんなで鉄塔を建てている。
あの天空にプラットホームを作るのだ、と。


空の果てからふいに現われ、
蒸気をはきながら、やってくる列車。
赤い月に照らされて走る、闇色の列車。


あたしはうんと顎をあげ、
首が痛くなるほどに天をみあげ、
そこに走る列車を思い描いた。


たくさんの人々と共に。

祈るような気持で。




熱にうなされながら見た夢。
「赤い月の列車」というコトバが、耳に今も残ってる。
[PR]
by mimei14 | 2008-02-26 15:25 | ほんとに見た夢