ユメウツツ@MimeiTagawa

夢かウツツか……。


 眠りに堕ちてすぐ、夢を見た。
 夢の中のあたしは、ちょうど今布団に入ったところで、そういえばパソコンの足元の暖房を消しただろうか、と、思っているのだった。
 夢ウツツでそう思っているのではなく、しっかりとした夢の中で、そう思っていた。


 はっと目覚めて、ああ夢か、と思う。
 パソコンの足元の暖房は、部屋の明かりを消す前に、ちゃんと確認した覚えがある。だから、消しただろうか、などと不安になることはないのだ、
 そう思いながら、再び眠りに墜ちていった。


 と、またも夢を見た。
 夢の中のあたしは、ちょうど布団を抜け出したところで、明かりの消えた部屋に向かっている。
 足元の暖房はたしかに消えていたのだけれど、なぜかパソコンのモニターが青白い光を放っていて、電源を落とそうとするのだが、落ちない。
 あれこれといじってみて、ようやくパソコンは、しゅるしゅるとフェイドアウトするように暗くなり、ああ、よかった、と思いつつ寝室に戻り、布団に入った。


 布団に入ったところで夢から目覚めて、あれ、と思う。
 たった今布団に入った、という感覚が、からだにくっきり残っている。
 もしかすると今のは夢ではなくて現実……。
 でも、布団の中の手足はぬくぬくと暖かく、確かに眠っていたのだと言っている。

 そう、今のは夢だったのだ。

 夢だったのだ、と、思うのだけれど……。



 夢かウツツか定かではない夢を見て、あたしは夜の闇の中で、ひとり困惑していたのだった。


[PR]
by mimei14 | 2008-03-21 00:28 | ほんとに見た夢