ユメウツツ@MimeiTagawa

深夜に深呼吸するやかん

d0146440_2591977.jpg



 こと子はいつもやかんに水を張っておく。八分目ほど。
 「もしも」に備えて。
 もしも水道管が破裂したら。
 もしも蛇口がひねくれたら。
 もしも水道水がアルコオルになったら。
 (それはそれでうれしいけれど)


 深夜。
 お湯を沸かしたくなる。

 八分目の水を一分ほど捨て、
 蛇口をひねり、水をつぎ足して九分目にする。
 じっと沈黙したまま出番を待っていたやかんの水に、
 新鮮な酸素を送り込むため。
 そうすると停滞していた水がにわかに活性化されて、
 元気になるような気がするのだ。


 新鮮な水を足すと、やかんはちょっと冷たくなる。
 ガス台に置くと、かすかなため息が聞こえてくる。
 銀色のからだを、ゆっくりと膨らませて、もとに戻る。
 

 やかんが深呼吸したのだった。

 
 ほうら、やっぱりね、と、
 息を吹き返したかのようなやかんに満足し、
 かちり、と、火をつける。
 と、
 傍らで見ていた慎が言った。

 なんか、残酷だね。

                       そうかもしれない。



 
[PR]
by mimei14 | 2008-11-19 02:00 | 夢写つ(小物語)