ユメウツツ@MimeiTagawa

蕎 麦 屋


d0146440_13173828.jpg


 

      お品書きに、小ざる、とあった。
      親子丼とこれひとつ。

     
      運ばれてきたのは、小猿だった。
      椀の中に、ちょこなんと。

     
      帰り道、鼻歌まじりに歩いていると、
      鞄から調子っぱずれな歌が聞こえる。


      ものまね小猿であったらしい。

 
 
 



Texpo 百文字文学賞 http://texpo.jp/texpo/disp/22128/
[PR]
by mimei14 | 2009-04-19 13:25 | 夢写つ(小物語)