ユメウツツ@MimeiTagawa

<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

幸福な夢


 臙脂色の絨毯をしきつめた、クラシカルなホテルだった。ロビーに置かれたソファーに座り、あたしは夫とふたり、誰かを、何かを待っている。たくさんの人影が見えるのに、あたりはやけに静かだ。


 行き交う人が、会釈をして通り過ぎる。やあやあと、挨拶にくる人もいる。
 お久しぶりです。
 お元気でしたか。
 笑顔でコトバを交わすのだが、その顔に見覚えはない。
 待っていたのはこの人だろうか。
 いや、違うような気がする。
 何かを忘れているようにも思うが、それが何なのか分からない。


 小さなホールにいくつもの座卓。床はやはり臙脂色の絨毯なのに、なぜかその上に座卓が並んでいるのだ。黒檀の艶やかな座卓。
 夫とふたり向かい合って、食事を採っていると、先ほど挨拶をした男が、大勢の人間を従えてやってくる。ざわざわと空気が賑わう。が、やはり、辺りは静かなのだった。


 笑顔で飲み交わし、笑顔でコトバを交わす。
 だがやはり見知った顔はいない。
 あたし達が待っているのが誰だったのか。
 いや、待っているのは人ではなく……。
 大切なことを忘れているような気がするが、それが何なのか……。


 再び、ロビーのソファーに座っている。
 夫はフロントの前に立ち、精算をしている。
 革のソファーに沈みこみながら、目の前のローテーブルに目をやると、そこには真新しい新聞があった。手にとって眺めるうちに、あ、と思う。
 そうだ。
 思いだした。


 戻ってきた夫に向かって、あたしは言う。


 あなたもあたしも、もう死んでいるのよね。


 夫は、あたりまえのように肯く。
 そうだよ。
 静かにそう言って、笑顔になる。
 その笑顔を見たとたん、あたしは思う。


 よかった。

 そして、ほんとうに晴れやかな気持ちになって、
あたしは夫に言うのだった。


 それじゃ、これからもずっと一緒にいられるのね。


 あたりまえじゃないか、とでもいうように夫は笑い、天を仰ぐ。
 古いホテルの飴色の天井も、ぼんやりと灯っていたシャンデリアも、いつのまにか消え去っていて、そこには空が広がっていた。
 眩いばかりの光に満ちた、どこまでも深い大空だった。


まったく何ていう夢なんでしょか。怖いような、でも、幸福なような。
目覚めは決して悪くなかったのだけれど。
あまりのことに思わずミメオに話してみると、彼はひとことこう言った。
イイ夢じゃん。


うん。
あたしもそう思う(笑)
[PR]
by mimei14 | 2008-02-28 15:51 | ほんとに見た夢

夢の中に届いたメール


元日の朝、
友人からのメールを読んでいる夢を見た。


-----------------------------

ミメイさん
明けましておめでとうございます。
○●です。


今日、路地を散歩していたら、
今にも崩れそうな駄菓子屋の店先に、
占いのがちゃぽんがあったので、
百円入れてがちゃがちゃやってみました。


ことしの運勢
仕事―メディア、ウェブ関係 九十九%
旅―?%
恋―ゼロ%


恋がゼロ%っていうのは衝撃的だったけど、
わたし自身が恋そのものなので、
それほど悲しくはないです。
それより旅の「?%」のほうが不可解。
何かの謎かけ?


がちゃぽんのカプセルがなかなか開かなくて、
道ばたにしゃがみこんで、がんばりました。
でも、カプセルに入った今年の運勢っていうのも、
どうなんだろう。


今年もよろしくお願いします。

○●○子

 

-----------------------------

目覚めたとき、
このメールの一字一句すべてを覚えていた。
数日が過ぎても、ぜんぶ覚えていた。
いったい、これはなんなんだろう。
メールをくれたあなた、
思い当たることはありますか。

[PR]
by mimei14 | 2008-02-27 11:24 | ほんとに見た夢

赤い月の列車


荒野の真ん中に、唐突に鉄塔が立っている。
錆色の鉄塔は、まだ建てている途中で、
その足元には、大勢の人々。


何を作っているのですか。
駅です。
駅?
そう、「赤い月の列車」の駅。


五年に一度、赤い月の晩に、列車がくるという。
天空を走る列車が。
その列車の停まる駅が、ちょうどあの鉄塔の先。
その日のために、その列車に乗るために、
みんなで鉄塔を建てている。
あの天空にプラットホームを作るのだ、と。


空の果てからふいに現われ、
蒸気をはきながら、やってくる列車。
赤い月に照らされて走る、闇色の列車。


あたしはうんと顎をあげ、
首が痛くなるほどに天をみあげ、
そこに走る列車を思い描いた。


たくさんの人々と共に。

祈るような気持で。




熱にうなされながら見た夢。
「赤い月の列車」というコトバが、耳に今も残ってる。
[PR]
by mimei14 | 2008-02-26 15:25 | ほんとに見た夢

夢を買いにいく


夢を買いにいく夢を見た。


夢は、チョコレートのように、
四角い箱にひとつぶずつ並んでいて、
甘くて香ばしい匂いがした。


どれでも好きなものを、と言われて、
あたしは迷った。
迷っているうちに、目が覚めた。


あの夢を食べたなら、
どんな夢を見たのだろう。
あの夢の中で。

そういえば夢の中に食べ物が出てきても、たいてい食べる前に目ざめてしまうような。
なんだか悔しい(笑)
[PR]
by mimei14 | 2008-02-24 03:07 | ほんとに見た夢

一生分のホットケーキ


 夢の話しをしようと思う。
 今まで見た夢の中で、心底、疲れた夢。


 小さな町の広場の真ん中に、小さな店がぽつんとある。
 小さな箱のような店には、大きな窓があり、その中ではミメオ(夫です)が、手際よくソフトクリームを絞り出している。しゅるしゅると、いくつも、いくつも。次々に並んでいくソフトクリーム。――お客もいないのに。

 あたしの仕事は、ホットケーキを焼くこと。

 ホットケーキのタネの入ったおおきなステンレスのボールを抱え、店の前に立つ。目の前には、真新しいアスファルトの道が伸びている。どうやらこの道は、この小さな町をぐるりと一周しているらしい。道には、十五メートル置きに(と、なぜだか正確に知っている)マンホールがある。等間隔で続いていく、銀色のまあるいマンホールのふた。


 あたしは左手に抱えたボールの中のホットケーキのタネを、右手に持ったおタマで掬い上げ、最初のマンホールのふたに、たらりと落とす。
 じゅっと音をたてて、白い湯気があがる。
 かなり温度が高いようだ。
 これは、うかうかしてはいられない。


 焦って次のマンホールまで走っていく。
 おタマで掬い、じゅっと落とす。
 まるいホットケーキが、ふつふつふつと泡を吹く。
 よし、次。
 その次。
 次の次。


 どうにか一周して広場に戻ると、最初に落としたホットケーキはすでに、良い焼き加減。丸い縁が、ちりちりと焦げはじめている。
 ひっくり返さなくちゃ。
 フライ返しで――いつのまに、そんなものを持っていたんだか――パタンとひっくり返したら、ボールの中のおタマを握り、マンホールのふたのあいているところに、またひとつタネを、じゅっと、落とす。
 次のマンホールへ走って、ぱたん、じゅっ。
 その次でも、ぱたん、じゅっ。
 ぱたん、じゅっ。ぱたん、じゅっ。ぱたん……。


 延々と、その繰り返しだけの、長い夢。
 目覚めると、なんだか腕がだるかった。
 足が、やたらに重かった。
 鼻先に、甘ったるい匂いが染みついていた。


 もう何年も前の夢だけれど、「疲れた夢」といったら、いまだにこれを凌ぐモノはない。今でもマンホールのふたを見ると、あの甘い匂いがからだの中によみがえる。
 といって、ホットケーキが嫌いになったわけじゃない。
 時々、無性に食べたくなって、喫茶店で食べたりはする。
 でも、家では焼かない。
 決して、自分で焼いたりはしない。


 あの夜。
 あたしは、一生分のホットケーキを焼いてしまったのだ。

[PR]
by mimei14 | 2008-02-21 00:00 | ほんとに見た夢

失われた夢

深い、深い森を走っていた。
青い植物の匂いが、まとわりつく。
柔らかな土。
朽ちた葉。


あたしは何かに追われているのだ。
誰かにずっと追われている。
それが何なのか 誰なのか、
まったく分からないのだけれど、
切羽詰まっていることは確かだ。


ふいに森が途切れると、
そこは断崖絶壁だった。
のぞきこむと、
どこまでも深く、果てしない空間の、
底は海なのか陸なのか、
それさえも分からぬくらいの、
蒼褪めた空洞。


どうしよう。
立ち尽くしていると、追っ手の気配。
どうしようどうしようどうしようどうしよう。


と、背中から何かがぶつかってきて、
あ、と思ったその刹那、
あたしは中空に舞っている。
ふっと気が遠くなり、
ただただあたしは落下していく。

そこで、目覚める。

子どもの頃から、繰り返し見た夢。
あまりに何度も見るもので、
ある日、自分から崖に飛び込んでみた。
ここで落ちれば、夢は終るのだから、と。


果たして、夢は終り、
あたしは目覚めた。
見事に夢から脱出したのだった。
そしてそれから、その夢を見なくなった。
跡形もなく消えてしまった。
二度とわたしの眠りの中に、同じ夢は現れなかった。


あたしは、いったい何から逃げていたのだろう。
それさえ定かではないというのに、
自ら土を蹴ってしまったわたしは、
ひとつの夢を失ってしまった。


だからなのか、
今もまだ、蒼褪めた中空を、
墜ち続けているような気がしてならない。


[PR]
by mimei14 | 2008-02-20 23:38 | ほんとに見た夢

大切なものはみんな本棚に置いてある hondana

d0146440_121612.jpg

d0146440_123537.jpg

d0146440_131982.jpg

d0146440_125913.jpg

d0146440_133942.jpg


d0146440_195160.jpg


 招かれた家に本棚があると、ついつい見入ってしまい、嫌がられる。客というものは大抵リビングとかキッチンに興味をしめすものだから、「本棚なんて見られると思わなかった」と居心地が悪そうに、そう言われる。

 確かに本棚を見られるのって、なんだか嫌だ。恥ずかしい。冷蔵庫とか押入れとか下駄箱の中(そんなとこ覗くかな)も嫌だけど、それとはまた違う、もぞもぞするような恥ずかしさ。

 が、我が家にやって来る友人達はなんの躊躇もなくあたしの部屋に行って本棚の前に立ち、好き勝手に物色し、読み耽っていたりする。……ウチは図書館か。でもそれは本当に気心が知れているからこそのことで、まったく嫌じゃない。むしろ、うれしい。
 もしかすると、その人と親密になれるかどうかは、本棚を見せられるかどうか、にかかっているのかも?(笑)

d0146440_154518.jpg

[PR]
by mimei14 | 2008-02-17 02:09 | ほんと日記(たまに)

「縦書き表示」とりあえずのマトメ

 ということで(?)縦書き表示について、とりあえずマトメ。というのも、「縦書き」には興味あるけれど、でも難しそう、という方も多いのでは(あたしがそうだった)と思いまして。


 でも前回書いたように、ただ「縦書き表示」にするのであれば意外に簡単。短いタグ(■1参照)ひとつだけで出来てしまう。ただIEにしか対応していないので他のブラウザでは横書きに。それでも普通に読むことができるから大丈夫。
 で、もし行間とか字間とかにこだわるのであれば、やはりちょっとだけ付け足しが必要(■2)。でもこれも元のスキンはそのままで、投稿画面に書き込むだけなので、さほど面倒ではないはず(一度基本形を作ってしまえば後はコピペすればいいわけだし)。


 なんて偉そうに言ってるけど、実はその辺の細かいテクニックは、すべてアポロさんに教えていただいたのでした。その試行錯誤のようすは、記事のコメント欄に残っておりますので、「縦書き表示」についてお悩みのあなた、一度のぞいてみてくださいね。

*「CSSで縦書き」コメント欄


(↓<>だけ全角になっているので半角に直してコピペしてね)
■1 記事投稿画面にて「縦書き表示」にする基本的なタグ。
<div style="writing-mode: tb-rl;">ここに、いつもと同じように文章を書く</div>

■2 行間や字間の微調整を含んだタグ。
<div style="direction: ltr; writing-mode: tb-rl; line-height: 1.7em; letter-spacing:0px; width: 560px; height: 390px; overflow:auto; padding-right: 1.5em;padding-bottom: 1.5em">ここに文章を書く</div>

line-height は行間、letter-spacigが字間の指定。
widthは文章を書き込むスペースの幅、heightは高さ。
overflowは、文章がスペースより長くなった場合の横スクロール、
paddingは本文と枠のあいだの余白。
↑は、あくまでこのブログにおいての指定数値ですので、それぞれのブログに合わせて、微調整してみてください。(とりあえずこれをコピペして記事を書いてみて、プレビューしながら微調整すると簡単かも)

ちょっと注意点
□フォントサイズはブラウザによって表示のされ方が違うので、あらためてサイズを指定するときは単位をpxにしたほうが良いようです。
□横スクロールがスムーズに動作しないときには、↓のフィルターを挿入すると安定します。(全体に適用すると読みにくくなるので、例えば最後の署名など目立たない部分に)
<p style="filter: dropshadow(color=white,offx=1,offy=1,positive=1); text-align: left;">ミメイ</p>
□縦書きにする場合、英数字は「全角英数固定」で。半角だとそこだけ文字が寝てしまいます。
□縦書きタグで囲った部分だけが縦書きになるので、その前後に文章を書けば、この記事のように、縦書きと横書きが混在する記事を書くこともできます。
□もっと詳しい解説がアポロさんの「ブログに縦書きの記事を投稿する方法」にありますので、ぜひ参考に。

ということで、縦書きに興味のあるブロガーの皆様、モノカキの皆々さま、どうぞお試しアレ。

*上記の記述、最初にアップした時に何ヶ所かミスがありましたが、修正致しました(2/16 16:05) なので、このまま使ってくださって大丈夫だと思います(笑)

[PR]
by mimei14 | 2008-02-16 01:13 | ほんと日記(たまに)

六月二十六日ーかまどうま

d0146440_230168.jpg

d0146440_2301781.jpg

[PR]
by mimei14 | 2008-02-14 02:25 | うそ日記(07夏/獏)

CSSで「縦書き」


 この記事、IEユーザーには「縦書き」に見えているはずなのだけど。どうでしょか? 実はこれ投稿時にタグを入れて「縦書き表示」にしています。これが、意外に簡単。HTMLが使えるブログであれば、いつもと同じように記事を書いて、その本文をこのタグではさむだけ。(タグについては、「コチラ」に簡単な説明が。アポロさんの「ブログに縦書きの記事を投稿する方法」にはより詳しい解説があります。ぜひご参考に)


 ただ最初に書いたように、この「縦書き表示」に対応しているのはまだIEだけなので、他のブラウザでは横書きに見えてしまう。ううむ。せっかく「縦書きブログ」として新規開店するつもりだったのに、と、ちょっと無念。そこで不本意ではあるけれど、旧ブログから移動中の過去のカキモノは画像にしてアップすることに。画像なら何で見ても「縦書き」になるから、とりあえず「ここは縦書きブログです」という表明(?)になるかな、と。


で、これから新たに書いていくものは、この記事のようにCSSで縦書きにしていくつもりです。なので、これを今横書きで読んでくださっているあなた。「ほんとは縦書きなんだな」と想像しながら読んでもらえると(ムリヤリですが)嬉しいです。でもってIEユーザーの皆々様、ぜひ一度「縦書き」をお試しあれ。簡単だし、いつもの日記がなんだか新鮮に思えたりもするかも。


 ちなみに、今連載中の「おとなのコラム」では、作品を「横書き」と「縦書き」の両方でアップしてくれていますので、一度読み比べてみてください。縦書きだと長目のテキストでもスムーズに読めるはず。っていうか、やっぱ日本語は「縦書き」でしょ(笑)


■「おとなのコラム」連載頁


[PR]
by mimei14 | 2008-02-10 03:32 | ほんと日記(たまに)